数年前に社畜、ブラック企業という日本のサラリーマンの労働環境の過酷さを表現する単語ができました。

それほど過酷な労働環境で、
体だけでなく精神的にも追いやられ自殺する人もいるぐらい日本の労働環境は酷いです。

 

海外の人からするとあり得ない程でまるで映画に出てくるような地下トンネルでこき使われる借金まみれの労働者のような感じです。

 

「日本は犯罪が少なく安全な国だと思っていたけど、働き過ぎて自殺するなんて怖すぎる。
日本で働くのが怖い。」

 

「日本人は仕事が人生の中心で働き過ぎだ。
みんな仕事が趣味なの?」

 

「仕事優先じゃなくてもっと家族や自分を優先するべき。私の国ではあり得ない。」

 

日本の労働に関して外国人がこういう風にインタビューに答えていたのをよく覚えています。

海外では仕事よりも家族やプライベートを重視します。
昼間しっかり働いて、残業はしないで家に帰り家族の時間をゆっくり楽しむのです。

 

海外と日本では労働環境が全く違い、先進国の日本ですが、労働環境や考え方が他の国と比べると少し遅れているのかもしれません。

 

 

 

働き過ぎてプライベートがない

 

日本には労働基準法という法律で労働環境を規制しているのですが、

それでも長時間労働などのブラック企業が少なくありません。

 

朝早くから出勤し、上司の機嫌を伺い、やりたくもない仕事を膨大な量を押し付けられ夜遅くまで残業する。

 

そして自宅に帰る頃には終電間近の時間。

帰ってもご飯を食べてお風呂に入れば就寝時間です。
ゆっくり体を休める事も、テレビを見る時間もありません。

 

帰れば子供は寝ていて、子供の成長を見守る事も子育てに関わる事も出来ません。

 

そして唯一気持ちの安らぐ休日も接待ゴルフや休日出勤によって消化されます。

 

私達が親や学校に教えられた一流企業に就職すれば安定した生活ができて幸せな生活を送れるというのは過去の話で現実はこの過酷な労働環境です。

 

学生時代から頑張って目指していた一流企業への就職というのは昔は良かったかもしれませんが、今ではしっかり休みがあるホワイト企業の方が人気があります。

 

一流企業でバリバリ働くよりも、プライベートを重視するというのが最近の若者の考えです。

 

時代が変われば働き方も変わります。

最近の若いやつはとよく言いますが、それは若者も同じ事を思っています。

 

仕事に縛られ、夢も希望もないおっさんには魅力を感じません。

現代の社会人はストレスにまみれて人生の楽しみ方というのを忘れてしまっています。

 

 

 

パソコンがあれば今の労働環境から抜け出せる

 

ブラック企業が多く、毎日仕事漬けの日々を送り、仕事ばかりの人生なんて楽しくありません。

 

しかしインターネットが普及している今の時代ではパソコン一台あれば、そんな辛い過酷な労働環境から抜け出せる事が出来るのです。

 

それはインターネットを活用したビジネスで、
ネット環境とパソコンがあれば仕事ができます。

 

パソコンとネット環境があれば仕事ができるので、それで稼げるようになれば世界中が仕事場になり、フリーランス、ノマドワーカーと呼ばれる自由な労働環境を手に入れることができます。

 

簡単に稼げるようになるわけではありません。
私だってまだ稼ぐ仕組みを作っている途中です。

しかし一生社畜として働く事なんか考えられません。

 

ネットビジネスで自由を手に入れるのです。

住む場所、自由、人間関係、お金
全てが自分の思った通りに出来る圧倒的な自由です。

 

信じられないかもしれませんが、ネットビジネスで稼げるようになればこれらの自由が手に入るのです。

サラリーマンという働き方しか知らない人には、少し衝撃的かもしれませんが、
実際にパソコン一つで稼いで世界中を旅したり、南国でスローライフを送っている人達が沢山います。

 

彼らは月に数十万から数百万という大金を稼ぎ、自分の気の赴くままに住居を構え、

時間に制限される事なく趣味や新しいビジネスに時間を使っています。

 

嫌な上司と会う事もなく、自分にとってマイナスになる人と会うことだってしなくていいです。

お金もそうです。
会社にいると生きる事が精一杯の給料を渡されて、その決まった金額以上の生活はできませんでした。

しかし彼らは好きに稼ぐことができ、自分の好きなようにお金を使えるのです。

 

学校や親は教えてくれませんが、時代は変わりつつあり、近い未来就職が当たり前の時代は終わるかもしれません。

フリーランスやノマドワーカーと言った自由を求めた働き方がスタンダードになっていくと思います。

 

パソコンがあれば稼ぐ事ができ、プログラミングなどの難しい知識は必要ありません。

 

もし今の過酷な労働環境を変えたいなら
ネットビジネスは最適と言えます。