皆さんは夢があるからこのページにたどり着いたのだと思います。

夢なんか叶うはずがないとか夢を追うなんてギャンブルだって言う人がいますがそれは違うと思います。

 

確かにこのまま頑張っていても本当に夢は叶うのかなとか考えてしまう事もあるかもしれません。

でも夢は追いかけないと手に入れることはできないんです。

見ているだけでは叶うことはありません。

 

 

ドリームキラーなんて関係ない

発明家エジソンのこんな名言があります。

「私は失敗した事がない。
ただ1万通りの上手くいかない方法を見つけただけだ」

 

「失敗したわけではない。
それを誤りだと言ってはいけない。
勉強したのだと言いたまえ。」

 

「私達の最大の弱点は諦めることにある。
成功するのに最も確実な方法は、常にもう一回だけ試してみることだ」

 

エジソンは周りの人からいつも馬鹿にされていたそうです。

そんなの無理に決まってる。
またバカなことしていると。

でもそんなドリームキラー達の言葉なんか気にせず、自分の夢に向かって走り続けた結果、偉人と呼ばれるまでの発明を成し遂げました。

多くの失敗を成長の糧とし、諦めず熱中する事が出来れば夢は叶うのかもしれません

 

その他にも私の好きな実業家の高橋歩さんという方がいます。

この方は学生時代友人と起業し、そして旅に出たり色々な事業を成功させている方で沢山の本を出版しています。

私はこの方の名言に心を動かされ、いつでも思い出しながら頑張っています。

 

「夢を追うのはギャンブルじゃない。
諦めなければ必ず勝てるゲームだ」

 

「足踏みしてても靴の底は減るぜ」

 

「愛と自由!!新しい挑戦をすると、次から次へと大変な事が起こるけど、オレはそれを「教材」って呼んでる」

高橋歩さんは常に何かに挑戦し、周りを巻き込む物凄い行動力で、成功を収めています。

初めて起業する時は周りには無理だとか色々言われたそうですが、すぐに店舗を増やす程に成功したそうです。

その時に今までどうせ無理と言っていた人達は180度態度を変えて、お前ならできると思ってたと言ったそうです。

 

 

結局は皆んなどうせ無理だからやめておけと他人事なんです。

ドリームキラーキラーと言われる人達はその人の夢が敵おうが、成功しようがどうでもいいんです。

 

人生を楽しむには夢がある方がいい

私や私のブログを見てくれている人は夢のある方ばかりです。

夢があれば毎日することを決めて突っ走るだけ。

 

しかし何の夢もなく、目標もない人は何を楽しみに生きているのでしょうか?

夢がないとダメな訳ではないのですが、夢がないと突っ走る事が出来ません。

毎日惰性で生きていくことになってしまいます。

夢があった方がそれに向かって努力できるし、充実するはずです。

何より好きな事をしている時って楽しいですよね。

 

夢を持つことは簡単で、誰でも好きことの1つや2つはあるはずです。

例えば好きな芸能人と付き合うでもいいですし、カレーが好きなら誰もが美味いという究極のカレーを作るとかそんなんでいいんです。

 

それが大きいから小さいかなんて関係ありません。

夢である事に変わりありません。

 

究極のカレーを作る為にインドやスリランカへ行き、スパイスを探しに行ったり本場の味を勉強したり、好きな事を追求していく事は凄く楽しいはずです。

カレーに興味のない私でも面白そうだなと思うのですから、絶対楽しいに決まってます。

もちろん大変かもしれませんが、誰もが絶賛するカレーを完成させた時は必ず感動するでしょう。

 

夢を追うのはギャンブルじゃない

日本では夢を追う事は恥ずかしい事やダメな奴扱いする風潮があるような気がします。

「ふっ、どうせ無理なんだからやめといた方がいいのに」

人の夢を鼻で笑う人が多いと思いませんか?

そう思うのは私だけでしょうか?

 

大学を出て会社に就職するというお決まりのレール通りの人生を送らない人は、

ダメな人扱いです。

 

それでも夢を諦めずに追いかけて、成功させれば勝ちです。

成功するまで諦めなければ、必ず成功できる。

その言葉を信じて私も夢を追っている途中です。

 

私も周りの人に散々無理だと言われながら、
自由を手に入れ海外を旅したり移住するという自分の夢のために頑張っています。

 

人生を掛けて夢を追う。
めちゃくちゃカッコイイ生き方だと思います。