あなたに夢はありますか?

子供の頃は沢山誰でも夢があったと思います。
サッカー選手、野球選手、医者、アナウンサー、消防士、機関車トーマスなど夢は無限大です。

 

しかし年齢を重ねるにつれて現実を見るようになり、夢のことなんて忘れてしまいます。

忙しいこの社会で夢のことなんてすっかり忘れてしまっています。

みんな目の前の仕事で精一杯なんです。

 

大人が夢を見てもいいだろっ!

子供は夢を見るもの。
大人は夢よりも現実をみろ!

私の周りにはこんな人が沢山います。
私はお酒を飲むと夢を語る癖があるのでその時によく言われます。

 

「いつまでも夢ばかり見ていると痛い目に合うよ。だからしっかりと現実に向き合って地に足つけて仕事を頑張れ!今の仕事を頑張っていたらいつか良い事があるから。」

 

う〜ん、、、。
かなり一般的な意見ですね。

いつもこれで議論を交わすのですが、ひどい時はケンカになります。

それでも仲はずっといいのでご心配なく。笑

 

ただ私が言いたいのは、現実を見ているからこそ夢を追いかけなきゃ行けないと思うんです。

現実を見て、今現在が夢を達成できている状態なら全然いいと思います。

 

でも昔描いていた理想とはかけ離れた生活を送っているなら、今の生活に不満があるならこそ、もっと夢と向上心を持たないといけないと言うのが私の考えです。

この友人の「現実を見ろ」というのはただの言い訳や逃げにしか聞こえません。

 

私からすると今の状況に満足しているフリ、夢を追いかけるのが怖いから言い訳をして諦めているだけに見えてしまいます。

 

しかも「今の仕事を頑張っていれば必ずいい事がある」なんて無責任な発言です。

あなたの周りにも必ずこの発言をしている人はいるはずです。

だからその言葉を鵜呑みにしないで、良く考えて欲しいのです。

 

このまま仕事を頑張って、出世する事がいい事なのでしょうか?

それとも給料が上がる事でしょうか?

どちらにしてもそれは本当にいい事なのかは不明です。

 

何故なら人によって価値観は違うからです。

出世したい人、田舎でのんびり喫茶店を経営したい人、海外を飛び回りたい人、南国でのんびりと暮らしたい人、都会でバリバリ働きたい人。

 

夢や理想はそれぞれ違います。

だからその会社で働いていてその夢は叶うのか?というのが私の疑問です。

夢が叶うなら頑張ればいいし、叶わないなら違う方法を探すべきです。

だから今の仕事を頑張れば必ずいい事があるなんて無責任な発言だと思います。

 

もちろん社会人としての一般論を言ってるのだと思うのですが、私には大人が夢を見るなと言われているような気持ちになってしまいます。

別に夢は子供だけが見るものではありません。

 

大人でも夢を語りますし、夢を追いかけてもいいんです。

夢を追うのに年齢なんて関係ありません。

 

夢に年齢は関係ない

夢を追うのに年齢制限なんて無くてそれは自分自身や社会が作り出した幻想や誤った価値観です。

いつだって夢を持つべきだし、夢を追うべきです。

 

人というのはその人が持っている夢や理想の8割か5割の人生を送ると言われています。

だから小さい夢の8割、大きい夢の8割どちらの方がいいのか?っていう単純な2択です。

だから夢は無いよりある方が素晴らしい人生を送るキッカケにもなります。

 

もう20代、30代だし夢を諦めないといけないなんて関係ありません。
夢を追うのに年齢なんて全く関係ありません。

 

カーネルサンダースは40歳でガソリンスタンドを経営し、65歳でケンタッキーを立ち上げました。

他にも元アルペンスキーヤー、登山家の三浦雄一郎さんは80歳にしてエベレスト最高齢登頂者となりました。

この人達は何歳になっても自分の夢を追いかけたからこそ偉業を果たす事ができました。

 

前にお笑い芸人のたむけんがテレビでめっちゃいい事言っていました。

 

「好きな事はとことんやった方がいい。
万が一あかんようになっても怠けへんかったら日本てなんぼでも仕事あるから。

なんか夢って言うたら大層になりません?

僕好きなもんないんかなぁと思う。
『これやってる時ホンマ幸せやなぁ、時間忘れるなぁ』っていうのを職業にしたら辛い事あっても好きやしなぁと思えるし」

 

後で後悔するよりも夢を追いかけた方が絶対に後悔はないはずです。

年齢なんて気にしてても仕方ありません。

 

新しい事を始めるのに年齢は関係ない

趣味でも仕事でも新しい事を始めるのに年齢なんて気にしていたら何もできません。

 

例えば「サーフィンを始めたいけど、もう40代だし今さらやっても遅いよなぁ」

でも少し考えてください。

 

1年後にまた同じ事を思います。
「あの時サーフィンをやっていれば今頃サーフィン歴1年か」

 

そして5年後も思います。
「あの時サーフィンをやっていればサーフィン歴5年か」

5年もあればそれなりに上達はしているだろうし、立派な趣味ですね。

 

あの時のやっていれば、なんて後から思っても時間は返ってきません。

だから思い立った時はけして遅くありません。

 

だから新しい事にチャレンジしたり、夢を追いかけるのに年齢なんて全く関係ないです。

どんどん人生を攻めていきましょう。