現代成功者の代名詞とも言えるネオヒルズ族。

 

そのネオヒルズ族のうちの一人である土屋ひろしさんがビジネスに失敗し、挫折してなかなか上手くいっていない起業家の為に、土屋さん自身が乗り越えてきた考え方を語っています。

 

ネオヒルズ族?土屋ひろしさんとは?

ネオビルズ族とは2000年代にできた言葉で
ITやベンチャー企業が六本木ヒルズに本社を置いていたり、六本木ヒルズ内にある超高級マンションに住むいわゆる成功者達のことを指します。

 

そのネオヒルズ族のうちの一人である土屋さんはイケメン社長やフェラーリオーナーとしてメディアにも取り上げられているほど有名な起業家です。

法人を16社以上経営し、自身でもいくつ会社があるか分からないほどで、大きなグループ会社の社長さんです。

 

順風満帆な人生を送って来たかのように思えますが、実は全くそうではないようです。

 

広島県の田舎に生まれ、学生の時に大阪に出て学校に通っていたそうですが、就活が上手くいかず安い給料てバイトをしているごく普通の学生でした。

毎日キャバクラで豪遊したり、高級車を乗り回しているセレブやヒルズ族に強く憧れていたそうです。

 

そして運命を変える出会いは堀江貴文さんのセミナーでした。

自身の1ヶ月の給料を超えるほど高額なセミナーでしたが、人生を変える為に勇気を出してセミナーに参加しアフィリエイトに出会いそれからアフィリエイトを愚直に実践したそうです。

 

毎日バイトか終わるとパソコンに向かい、ひたすらサイトを作って、最終的には月収180万を達成しました。

そこからは塾や金融会社など様々なビジネスをし、ネオヒルズ族として数百万円もする高級マンションに住むことができるようになりました。

 

成功するまでは街中物を拾ってオークションで売ったり、日雇いのバイトで食いつなぐ貧乏生活をしていた苦労人です。

 

しかしそんな人がなぜこれほど成功できたのでしょうか?

それは自称ビジネス界のエジソンである土屋さん独自の考え方があったからです。

 

ただの失敗では終わらない

数々の会社を経営している土屋さんでさえ100社立ち上げると95社は失敗すると言っています。

ビジネスに失敗はつきものです。

 

あの孫正義さんでさえ今でも失敗しているほどなので、ビジネスは簡単に成功するものではありません。

数々の失敗や挫折を味わって来たそうですが、その度に起き上がり成長してきました。

 

その秘訣とは「倒れるときは前のめり」という考え方があったからだそうです。

倒れる時は絶対に後ろ向きには倒れない。
何が何でも前向きに倒れる。

前向きに倒れたら起き上がる時には一歩前進しているという考え方です。

 

エジソンはいろいろな発明をしましたが、信じられない程の失敗を繰り返していました。

そこで周りの人はみんなエジソンに言います。

「なんでそんなにチャレンジできるの?」

 

するとエジソンは
「これは失敗じゃない。上手くいかない方法1万通り知ることができたから、これは前進なんだ。」

これが土屋さんの考えの根源にあります。

 

土屋さんはいつもビジネスでホームランを狙っているそうです。
ヒットやバントなんて要らないから全球フルスイングのホームランバッター。

空振りしても三振してもいいからフルスイングでビジネスに取り組みます。

 

9割以上三振しても1発ホームランを打てばこれまでの失敗を挽回できるからです。

どれだけ失敗してもフルスイングし続けていればいつか絶対にホームランを打てるということが経験として知っているからだそうです。

 

起業するからには失敗は絶対に避けられるものではありません。

だから落ち込まずプラスに変えていくことが重要なのです。

 

失敗してもポジティブに!

いつもプラス思考でポジティブになれとよく言われますが、失敗して挫折しそうな時ほどポジティブにならないといけません。

人間は上手くいってる時は誰でもポジティブになるものです。

誰だって調子のいい時はテンションも上がるしプラス思考になります。

「俺めっちゃ天才やん!ふんふん♪♪」

 

土屋さんが言っているのは肝心なのは失敗して落ち込んでいる時こそ、ポジティブになるということです。

「やってしまった〜。借金500万抱えてしまった。」

こんなときは誰でも落ち込みます。
でもこのどん底の時に時にいかにポジティブになれるかです。

 

「この失敗を活かして、次は絶対に成功させてやる」と次の成功への糧にできるかどうかが成功できる人とできない人の分かれ目だと言っています。

 

これは誰にでもできることではありませんが、
絶対に成功させてやるという強い気持ちや、
夢を持ち常に理想の未来をイメージする事が大事です。

自己啓発本を読んだり、セミナーに参加したり、マインドを鍛えて失敗をどれだけ繰り返しても成功の糧に変えてしまう強い気持ちを持ちましょう。

 

失敗することは起業家だけじゃなくて人生誰にでもあります。

しかし失敗が多ければ多いほどチャレンジをした証でで、失敗が多いほど成功に近づいているという事です。

 

失敗=ダメ ではなくて

失敗=学びとして捉えないといけません。

だから成功者は失敗すらもウェルカムなんです。

 

失敗を恐れず失敗に飛び込んでいくぐらいの気持ちでビジネスに取り組みましょう。