今までの起業は資金が必要でハードルが高く、一歩を踏み出す事が難しかったです。

 

しかしネットが発達している今は起業しやすく、個人で何千万と稼ぐ事ができる時代になりました。

 

個人、しかも一人で年収何千万、月に数百万という金額を稼げるのはインターネットのおかげです。

 

 

 

会社に属す意味があるのか?

 

 

会社に属し、家族や自分の為に毎日必死に働いても月に20数万円程度の給料で1ヶ月をなんとか生活できる程度。

 

どれだけ汗水流しても儲かるのは社長だけで社員に利益の還元など無く、必死に働く意味があるのかと思った事ないですか?

 

私は自分や家族の為に働いているはずがいつのまにか社長の為に働いていると思った事があります。

 

いくら会社が儲けても私達が儲かる事はありません。

 

 

今の世の中は何をするにもお金が掛かり、
お金が無いと普通の生活すらできません。

 

つまりお金が多いほど豊かで幸せになる可能性が高いということです。

幸せの定義が人によって違うと思いますが、
お金がある方が好きな事ができて、我慢をしなくていいのです。

 

 

お金を稼ごうと思ったら会社にいてはダメです。

会社員である限り収入を自分で決める事ができず、他人に収入額を決められ人生に制限をかけられるのです。

 

幸せになる為に働くのに、なぜ稼ぐ事ができない働き方をするのでしょうか?

それは個人でも稼げるということ、そして稼ぎ方を知らないからです。

 

 

 

個人でも稼ぐ事ができる

個人で稼ぐにはインターネットを使ったネットビジネスが有効です。

リアルビジネスのように何千万、何百万という多額の資金がいるわけではなく、
家賃のように毎月お金を払う必要がありません。

 

そして商売範囲も広く、日本中いや、世界中から収益が上がる可能性があります。

何処に居ても、世界各国から物が売れたりするのです。

 

リアルビジネスだとそうはいきませんよね。

実店舗だと10キロ圏内、
広くても20キロ圏内くらいが範囲でしょう。

しかもその範囲に自分の店に興味を持ってくれる人がどれだけいるでしょうか。

ライバルはどれだけいるでしょうか。

 

 

範囲が狭く、需要と供給のバランスが悪いと絶対にビジネスを失敗します。

その点ネットビジネスは自分の狙ったターゲットに焦点を当てたマーケティングを行うことができます。

 

もし失敗しても初期投資がないのでリスクもほとんどありません。

 

個人でも簡単にリスクなく起業できるのです。

 

 

 

情報を収集し発信する

 

グローバル化が進み情報を手に入れやすくなりました。

 

SNSで自分の好きな起業家達が発信している情報に触れる事ができます。

 

そしてその情報を自分の中で整理し、考えて毎日情報発信します。

それを続けていると自分で情報を収集し、
情報を発信するというネットビジネスの基礎が身につきます。

ネットビジネスビジネス(特にアフィリエイト)とは基本的に情報を発信するのがメインです。

 

 

今までは学校や会社、親から言われたことをこなしてきただけかもしれませんが、これからは情報を発信する時代です。

 

それはブログでもSNSでもいいし、ホームページでもいいです。

 

とにかく情報を発信し続ける事によってあなたにファンが付き、そしてあなたの情報を買いたいという人が現れます。

 

 

ネットビジネスはファンビジネスです。
買い手は売り手を選んで商品を買います。

 

同じ商品や商材でもメルマガやブログを読んで
この人いいなと思った人から購入したいはずです。

 

つまり自分をブランディング化し情報を発信する事で個人でも稼ぐ事が可能なのです。

アフィリエイトは情報発信が個人でも稼ぐ事ができる最高で最強のビジネスです。

 

このビジネスをしない手はありません。

 

個人でも稼げる時代に会社員を続ける意味があるのでしょうか?

もし個人で稼ぐ事ができるのなら会社員として働くよりも豊かで幸せな暮らしを手に入れる事が可能になります。