あなたに夢や理想ってありますか?

だらだらと何も考えずに何となく過ごしている人が多い中で夢を持ちそれに向かって突っ走っていく人もいます。

夢を持ちながらも行動に移せずに叶わない夢を想像しながら過ごしている人だっています。

 

でも頑張って努力しているのに全然夢が叶わず諦めそうになる事もあります。

どれだけ頑張っても結果に残らず、出口の見えないトンネルを突き進んでいるような感覚です。

 

努力しても夢というのは絶対に叶うものではありません。

でも成功したいから毎日頑張って努力しているのです。

 

こんな名言があります。

「成功するまで諦めなければ失敗はない。諦めた時こそが失敗した時」

 

でもこれから先何十年も努力を続けるなんて気力が持ちません。

一体どれだけ努力をすれば成功できるのか気になりませんか?

 

実は成功するにはある法則があるのです。

 

1万時間の法則

夢を叶えたりプロや一流になるためには一体どれぐらいの努力をすればいいのか気になりませんか?

もちろん絶対に夢を叶えられるとは限りませんが、目安があると頑張れますよね。

 

夢を叶えるために必要な努力時間は1万時間です。

 

1万時間の法則というものがあり、何かの分野でプロや一流になるためには1万時間必要という哲学があります。

努力量が1万時間を超えているかどうかが一流と二流の分かれ目だとも言われています。

 

あの有名なビルゲイツも家の小さなガレージからビジネスを開始し、1万時間以上努力をしてからやっとビジネスが軌道に乗り始めたそうです。

 

 

夢を叶えている人や一流の方達全員に当てはまっていると思います。

メジャーで数々の記録を残しているイチローは誰から見ても天才だと思います。

 

しかし本人からすると「自分は天才ではない。ヒットを打てる理由を説明できるから。天才はなんとなくでできてしまう。私はこういう球を打つために練習を徹底的に行っている。だからヒットが打てる。」

 

「努力せずにできるようになる人を天才というのなら僕はそうじゃない。

努力した結果何かができるようになる人のことを天才と言うのなら僕はそうだと思う。

人が僕のことを努力もせずに打てるんだと思うならそれは間違いです。」

 

イチローさんは意識が高く、自分に厳しくストイックで努力の天才という事も今では有名な話です。

 

イチローがまだ合宿生活をしていた頃の話で、真っ暗の深夜の合宿場にに幽霊が出るという噂がありました。

その幽霊の正体とは深夜に素振りをするイチローだったのです。

 

誰もが寝ている時間でも素振りをしていたからこそ今のイチローさんがいるのですね。

 

 

 

夢がない人は初めから諦めているだけ

 

私には海外を旅して世界中に友達を作り、
世界を周るというのが夢で、現地の友人たちとお酒を飲み、美味しい料理を食べて、歌って踊るということをしてみたいです。

 

その為にやらないといけない事は明確で、海外にいても生活できるぐらいのお金を稼ぐ事です。

その夢を叶える手段として私はアフィリエイトを選択しました。

アフィリエイトならどこにいても仕事ができるし、ビジネスの運用資金も必要無いので、日本にいなくても問題ありません。

 

一度仕組みを作ってしまえば毎日ガッツリ仕事をする必要もなく、自由な時間が多くあります。

アフィリエイトで稼ぐ仕組みを作るまではかなりの努力が必要ですが、仕組みを作ってしまえば後は後は自動で収益が発生します。

だから海外で世界遺産巡りをしたり、遊んだりしていてもお金に困ることはありません。

 

私はそこまで夢を明確にし達成するまでの計画まで立てれていますが、夢がないという人も少なくありません。

 

私からしてみると夢がないってどういう事?
趣味や好きな事が何もないという事?

そういう風に思ってしまいます。

 

夢なんてどんな事でもいいんです。

 

例えば朝が眠いからゆっくり寝たいなら、時間に縛られない生活を目指してみてもいいです。

サーフィンが好きなら毎日できるようなライフスタイルを目指しても良いです。

 

毎日好きなだけ寝る。
好きなサーフィンを毎日する。

 

これは十分立派な夢ではないでしょうか?

夢が無いと言っている人は本当は夢があるのに無理だと諦めてしまっていて、夢が無いと勘違いしているのです。

 

夢が無い人なんていないんです。

 

本当は誰だって夢はあるはずなんです。

どんな小さいことでも良いので、リストにしてみてください。

100個ぐらいならすぐに書けるはずです。

 

 

夢を叶えられない人は努力が足りない

夢を叶えられない人に共通しているのは努力の量です。

 

夢を叶える人と叶えられない人には努力の量が圧倒的に違います。

夢を叶える人というのは努力の量が圧倒に多いです。

 

ついついお酒を飲んでしまったり、寝てしまったり、サボって遊びに行ってしまったり。

めんどくさい、疲れたからゆっくりしたい、遊びに行きたいという誘惑に負けてしまっている人がすごく多いです。

もし夢を叶えたいならその誘惑を一次的に断ち切らないといけません。

 

優先順位を変えていかなければいつまで経っても中途半端に終わってしまいます。

 

 

実業家の堀江貴文さんは睡眠時間以外はほとんど仕事をしていたようです。

食事も仕事をしながら食べたり、料理を作ったり食べに行く時間も勿体無いので、配達を取っていたそうです。

とにかく1日の時間をビジネスを一番優先にしていました。

あの堀江さんですらそこまで努力をしていたのです。

もともと頭が良く、ビジネスセンスがあったのかもしれませんが、そこまで努力できたからこそ成功できたのでしょう。

 

私達普通の人夢を叶えようとするならそれと同じくらい努力をする必要があります。

毎日1時間で月収100万円などの嘘くさいビジネスで成功するなんてあり得ません。

それは稼ぐ仕組みを作った後の話です。

それまでは毎日死に物狂いで努力するしかありません。

 

努力をする能力こそ夢を叶える為に必要な能力です。

 

そして努力をして手に入れたスキルはあなたにとって一生物です。

一度稼げるようになればそのスキルを使いどんどんビジネスを展開していくことができます。

逆に努力をせずにラッキーパンチで稼げたとしてもそれは一時的に稼げてるだけです。

 

 

ビジネスは継続して稼がないと意味がありません。

ネットによくある謳い文句で1日だったの1時間で月収100万円というのは仕組みを作った後の話と言いました。

 

例えばビジネスをサッカーとして考えてみてください。

毎日1時間練習しただけでプロになれると思いますか?
なんの努力もしていないのになれるはずありませんよね?

プロになる人達は小さい頃から毎日誰にも負けないぐらいの練習量をこなしていたはずです。

 

チームの練習が終わっても帰宅してから走り込みをしたりドリブルの練習をしたりしていたはずです。

毎日毎日ボールを蹴って試合で失敗したりしながら練習をこなしていき、やっとの思いでプロになれるのです。

 

もちろんそれだけ努力をしていても全員がプロになれる訳ではありません。

 

ビジネスも同じです。

いえ、ビジネスで稼ぐのはサッカーでプロになるよりは簡単です。

なぜなら期限がありませんし、努力でどうにでもなるからです。

サッカーは年齢的な期限がありますし、天才的な才能のある人には勝てません。

 

ビジネスに多少の才能は必要かもしれませんが、一番重要なのは努力です。

いかに努力できるかが勝負のカギです。

 

堀江さんとまではいかなくても通勤の電車の中や休憩時間などにボーッとするだけでなく本を読むだけでも全然違うと思います。

隙間時間をどう使うかも大事です。

 

 

 

まとめ

話がビジネスになってしまいましたが、
努力の先に成功や夢を叶える事ができるという事を忘れてはいけません。

 

人というのはどうしても楽な方に行ってしまうのですが、それでも歯を食いしばって努力をできる人が夢を叶える事ができるのです。

それでも夢というのは叶うものだと信じて私は毎日記事を書いています。

 

今努力してこれから先楽しい人生を歩むのか、
それとも努力しないで夢を諦めこの先も同じ人生を送るのか自由です。

人生は挑戦です。

できる事をするよりもできないことに挑戦するから人生は面白いんです。