こちらの記事は今の人生にモヤモヤしていたり、人生に不満がある人に後悔のない思い切った人生を送っていただきたいので書かせていただきました。

今の人生に満足していないのでしたらぜひ読んでいただきたいです。

 

あなたは何気なく毎日を過ごしていませんか?
何もなくただただ単調な日々が幸せだと思っていませんか?

しかしそれが本音でしょうか?

自分の好きな事や夢を諦めて押し殺していませんか?

もしそうなら自分に素直になってください。
死ぬ間際に後悔しても遅いです。

 

私の知人は以前大きな病気にかかり、死が頭をよぎったそうです。

その時に思うのは楽しかった思い出と、「もっとああすれば良かった」「こうすれば良かった」という人生の後悔だったのです。

どれだけ幸せだと思っていても、心の中ではいつのまにか諦めてしまっている事があるのです。

 

人は死が近づくと今までの人生を振り返るそうです。

そして幸せだったことや人生の後悔を口にします。

 

普段は思っていないような事でも、死ぬ間際になればそのことに気が付き、もっとああすればよかったと思うのです。

楽しいこともあれば辛いこともあるのが人生ですが、後悔だらけの人生にだけはしたくありません。

 

人生で後悔している事

以前ボランティアで介護施設を訪問した時に聞いた人生で後悔している事をまとめてみました。

 

1.チャレンジしなかった事

安定を望み、失敗を恐れて何もチャレンジをせず、惰性で生きていた事。

家族を言い訳や理由にチャレンジをしなかった事が一番多い後悔でした。

「もっと自分の夢へ向かってどんどんチャレンジしていればもっと楽しい人生になっていたんじゃないのか。」

「人生はいつでもやり直せる。もっといろいろ挑戦すれば良かった」

多くの方がこう言っていました。

 

もし何か言い訳をして夢を諦めているのなら、そのできない理由をぶち壊してチャレンジしましょう。

チャレンジこそが人生です。

 

2.他人の目を気にせず、自分らしく生きたかった

やりたい事を我慢して、周りに合わせて生きることに疲れた人は沢山います。
それが原因で自殺する人がいる程です。

日本人は特に周りの目を気にしてしまいがちです。

周りと同じじゃないと落ち着かず、人と違う事をしていれば嫌味を言われ変わり者扱いです。

それは日本の教育がそうだったからです。
失敗はダメ、みんなと同じじゃないとダメ。

こんな教育だから大人になっても周りの目を気にしてしまうようになるのです。

もっと自分の好きなことや意見を通し、自分という個性を主張するべきです。

大事なのは他人の目ではなく
あなたが何をしたいのか?
どんな人生を生きたいのか?です。

結局はみんな他人で、ほんとはあなたの事なんてどうでもいいのです。

ただの話のネタぐらいにしか思っていません。

もっと自分らしく生きる事を大切にしてください。
そうすればきっと人生はいい方向へ好転していきます。

 

3.仕事ばかりで人生を楽しめていない

日本人は働きすぎだと言われます。
まさにその通りでブラック企業、サービス残業という昔には無かった単語が最近になって多くなっています。

朝から晩まで働いて、休日は接待ゴルフで家族の時間を犠牲にしてまで働く日本は海外の人から見ると信じられないそうです。

「日本は綺麗で、歴史や文化も好きで住みたいけど、働くのは絶対イヤ」

多くの方がこう言うそうです。
それ程日本の労働環境は異常なのです。

 

仕事に時間を奪われ、夢も希望もなく、家族との時間もありません。

自分の時間など無いに等しいのです。

「仕事なんかよりももっと大事な家族や自分の夢の為に時間を使えば良かった。」

仕事ばかりしていても楽しい思い出はできませんし、思い出が全部仕事なんて悲しすぎます。

家族との旅行、恋人との初デート、自分探しの一人旅など楽しい思い出はプライベートにあると思います。

 

仕事ばかりの人生なんてくだらない。

もっと時間を好きに使えば楽しい思い出も増えるはずです。

 

4.もっと自分の為に生きれば良かった

人のことばかり気にして自分の事は後回しにしていませんか?

他人のことを思いやるのはすごくいい事なのですが、その為に自分の事を疎かにしていては絶対に後悔します。

もっとワガママに生きてもいいと思います。
後悔してからでは遅いですから。

自分の事も考えつつ他人の事も気にかけてあげるぐらいが丁度いいのではないでしょうか。

 

5.幸せをもっと感じて生きれば良かった

あなたにとって幸せとはなんですか?
今のあなたの状況が幸せなのか、幸せでないのかはあなた自身が決める事です。

毎日美味しい物を食べれる事が幸せと感じるのか、それともそんな事当たり前だ思うのかで人生の幸せ度数は変わってきます。

私は一度大事故を起こし、私は1カ月の入院で良かったのですが、友人が意識不明の脳死の状態になりました。

その時は本当に自分が生かされた事への感謝と幸せと、その友人の分まで頑張って生きていこうという思いでいっぱいでした。

 

しかし反骨心やハングリー精神がなくなると成長や成功が遠ざかってしまいます。

幸せを感じ、感謝し、もっと良くなれるように努力できればあなたの内面からにじみ出る魅力に周りの人を惹きつられるでしょう。

 

6.周りに流された人生だった

人にはそれぞれ夢や目標があり、それは人生を掛けて達成させる程の夢なのに周りに流され続け、いつのまにか歳をとり後悔する人は沢山います。

「明日やろうは馬鹿野郎」という言葉がありますが、明日やろうでは毎日毎日先延ばしになり、結局はやらずに終わってしまうか、ギリギリになってヤバイと思うかのどちらかです。

いくら自分がやろうと思っていてもドリームキラーや邪魔する人が出てきます。

「どうせお前には無理だよ」と言ってきたり、
やろうと思っているのに、「また明日やればいいじゃん。それよりも今から遊びに行こう」

このように邪魔をしてくる人達に流されない強い信念があればもっと好きな事に熱中できるかもしれません。

 

7.生きたい場所に行かなかったこと

自分の憧れの地へ行かなかったこと。
歳を取ってからでは飛行機に乗る事も、歩く事も大変です。

また行けたとしてもその場所の景色や街が変わってしまい思っていたのと違う事だってあります。

憧れの地に行きたいならなるべく早く行く事を心がけてください。

そしてこれにはもう1つの意味合いがあり、遠い場所にいる人に会いに行きたかったという後悔です。

遠い異国の地にいる家族や、昔お世話になった人など会いたいと思った時に行かなければ、後悔します。

この場合も早く行かないと、会いたい人がこの世を去ってしまったり、居なくなったりして会えなくなる可能性があります。

行きたい場所に行けるうちに行き、会いたい人には思った時に会っておかないと間に合わなくなる事もあるかもしれません。

 

後悔しない為の生き方

ほとんどの方が同じような後悔している事がすごく印象的でした。

長年生きていると、いい思い出と同じくらい後悔している事も多いのだそうです。

後悔しない為にはいくつかポイントがあります。

 

1.すぐ行動する

まず思いたったらすぐ行動することです。
失敗した後悔よりもやらなかった事の後悔の方が大きく後に引っ張ります。

日本人は失敗を恐れすぎて実際に行動する人が少ないです。

成功するか失敗するかなんてやってみないと分かりません。

失敗なんて成功への過程に過ぎません。
当たって砕けてもう一度当たって見れば成功するかもしれないのです。

 

2.自分の意思を持つ

他人に流されない強い気持ちと意志があれば周りの人に言われることなんて気にならないはずです。

本当にあなたの事を思って言ってる人なんてほんの一部です。

本心では嫉妬や妬みがあり、あなたに成功して欲しくなかったり、羨んでいます。

あなたの事を思って言ってるように聞こえますが、本当は嫉妬しているのです。

いわゆるドリームキラーも「あなたの為に言ってるんだよ」と言いながらあなたの成功を邪魔しています。

そんな人達に負ける程度の気持ちでは夢や成功を掴む事は出来ません。

誰に何と言われてもやってやるという気持ちが後悔しない生き方に繋がります。

 

3.他人の目を気にしない

特に日本人は周りの目を気にしてしまいがちです。

それは学校教育が周りと同じでないといけないという教えのせいでもありますが、周りに変に思われていないだろうか?
白い目で見られていないだろうか?といつも関係のない他人の目線ばかり気にしてしまっています。

その結果自分の個性を殺してしまい、自信がなくなり、周りの目線を気にして好きな事が出来なくなってしまいます。

しかしたった一度の人生で他人の目線なんて気にしていたら無駄な気や時間を消費するだけです。

いいことなんて一切ありません。

気が利く事と周りの気を気にするのとは全く意味が違います。

まずは自分の事を第一に考える。
余裕があれば他人のことも気にかける。

それで良いと思います。

 

まとめ

後悔しない生き方なんて人それぞれで、何が正解かなんて分かりません。

しかしはっきり分かるのは、何もせず惰性で生きているだけではせっかくの人生が勿体無いということです。

せっかく生まれてきたのだから、趣味や夢で自分の好きな事を突き詰めて後悔よりも楽しい思い出の方が多い人生を送りたいものです。

自分の為にやっている事を突き詰めると自然と人の為になっているものなのです。

そんな人生を送っている人の方が魅力的ですし、カッコいいです。

死ぬ間際になって後悔しても遅いです。
若いうちから意識して、生きていけばきっと後悔のない人生になるはずです。