仕事ではオンとオフの切り替えが大事で、仕事の時は真剣に頑張る。

遊びは思いっきり遊ぶ。

 

仕事は仕事。遊びは遊び。

仕事になれば気持ちを切り替えないといけません。

でも最近はこの考え方が変わりつつあると思います。

これからは好きな事でしか生きていけない時代が来ると言われています。

 

時代が変われば考え方も変わるし、働き方も変わります。

今までの常識が常識ではなくなるのです。

今の常識なんて数年後には常識ではなくなっているかもしれません!

 

今は大人たちが本気で遊べばそれが仕事にできてしまうんです。

 

遊びが仕事ってどういうこと?って思うかもしれませんが、これからの時代は遊びを仕事にする人が勝ち残っていくいく時代です。

 

遊びを仕事にするのは無理だと思わず、本気で夢中になればそれで食べていくことは難しくありません。

 

遊びが仕事になる時代

就寝雇用制度が崩壊しつつある世の中で、最近では就職するだけが働くことではなくなってきています。

 

一昔前まではほとんどの方が大学を卒業し、就職するのがスタンダードでしたが、今はネットを使い様々なビジネスが誰にでもできるようになり、好きな事で生きていく若者が増えています。

ネットで起業したり、ユーチューバーだったり、旅を仕事にしたり色々です。

 

数年前まで子供の将来やりたい職業の上位は野球選手や医者でした。

そのほかにも消防士やウルトラマンなど。笑

 

しかし今ではそれらを抜いてユーチューバーが堂々の一位という子供にダントツの人気があります。

好きな事を動画にし、ふざけまくったり、商品レビューしたりして側から見ていると楽しそうですよね。

私の知り合いに有名ではないですが、ユーチューブに動画をアップし、収益を上げている人がいます。

 

初めは遊びから始まった動画撮影がだんだんと楽しくなりそれからビジネスがスタートしたようです。

話を聞いていると好きな事が仕事になっただけだから遊びの延長にあり楽しいと言っています。

仕事をしているという感覚よりも趣味に没頭しているという感じらしいです。

 

だからストレスなんてないし、仕事だけど楽しいから苦もなくできるようです。

それでお金がもらえるなんてめちゃくちゃ幸せと言っていました。

 

それは副業の私も感じでいて昼間は会社員なので完全に仕事ですが、

ブログの記事を書いている時や、サイトを作っている時は仕事というよりは好きな事をしているという感覚です。

 

だからといってテキトーにしているわけじゃなくて仕事と遊びの境界がなくなったという感じ。

仕事だけど趣味をしているみたいな。

 

これは会社で働いているだけでは分からないと思います。

言われた事をやるのではなくて自分からすすんでやるので楽しいし、あまりストレスはありません。

 

仕事っていう本来はこうあるべきだと思うんですよね。

 

テスラやスペースXの火星移住を計画している有名実業家のイーロンマスクも人を雇う時は、その人がどれだけ遊びに夢中になれるかで決めると言っています。

生活の為に働いている人と面白くて遊びのような感じで仕事を楽しんでいる人とでは仕事の質が全然違います。

 

遊び感覚で仕事をしている方が夢中になれるし、好きなことをしているだけなのでサラリーマンのように辛い思いをしながらただただ時間だけが過ぎて行くという無駄な人生にはなりません。

 

仕事がつまらないなんて最悪

多くのサラリーマンが仕事がつまらないと感じているようです。

それは自分が時間を忘れて夢中になれることを仕事にできていないからです。

 

世の中の成功者たちは本当に好きなことをしているからこそどれだけ失敗しても挫けずに仕事を頑張れます。

仕事というより遊びや趣味のような感覚です。

 

仕事が遊びのように面白くて仕方がないんです。

 

でも日本人の多くは膨大な仕事量と、強烈な縦社会で心身共に疲れ果ててしまっています。

仕事がつまらないと感じてしまっていると成長もないし、人生を無駄にしてしまっています。

 

会社の近くにしか住めないし、自分の趣味に時間を費やすこともできません。

つまらない仕事と会社に縛られた人生を一生送ることになります。

 

そんな人生を送りたいですか?

そんな人生から抜け出したいならまずは本気で自分の好きなことに向き合うべきです。

 

 

限りある人生なのにやりたくもない仕事に時間を使うなんてもったいないです。

世の中には自分の好きな遊びを仕事にしている人はたくさんいます。

 

サラリーマンという小さな枠で生きているから分からないだけで、遊びがマジになると仕事にして楽しく生きることだってできるんです。

 

遊びを仕事にする3つの方法

「遊びが仕事になるって絶対嘘だ!そんなのほんの一握りの人だけだろ?」

こう思うのも仕方ありません。

だって今まで会社員として働く事しか教育されていないからです。

 

でも今は違います。

本気で遊べば仕事にできてしまう時代なんです。

だからと言ってただただ遊んでいるだけで仕事にはなりません。

 

本気で遊びを仕事にする為に絶対に外せない3つの条件があるのです。

 

1.遊びに夢中になる

遊びが仕事になるなんて聞くと軽い感じがしますが、ただ遊ぶだけじゃダメなんです。

時間や嫌なことを忘れるくらい夢中になれるという事が超重要です。

 

ホリエモンこと堀江貴文さんは仕事に夢中になり過ぎて、ご飯を食べることを忘れたり、髪を切る時間さえももったいないと感じていたそうです。

 

歯を食いしばって意地になって頑張っても大した成果は得られません。

それよりも全力で遊んでいる人の方が確実に成長します。

 

2.毎日情報発信をする

やりたいことや自分が夢中になれる事があるなら毎日情報発信する事が大切です。

言われたからやるとかノルマだから渋々やるのではダメです。

 

「俺はこんなに好きなんだ」というような熱意を本気で伝えないと意味がありません。

熱意が伝わらないと呼んでいる方もそれを感じ取ってしまいます。

 

情報発信する方法はいろいろであります。

・ブログ

・ツイッター

・フェイスブック

・ユーチューブ

・ツイキャス

・note

・LINE

 

これらの媒体を使い情報を発信していけば趣味や遊びを仕事にする事が可能です。

これらの媒体はあなたが寝ている間も資産や営業マンとして24時間365日休まず働いてくれます。

 

お金がかからずにこのような仕組みを作る事ができるので情報発信は必須です。

 

3.継続する事

何よりも一番難しいのが継続することです。

いくら好きなことでも継続することは簡単ではありません。

誰でも上手くいかない時や失敗が続くとモチベーションが下がりますし、弱気になってしまいます。

 

熱意、行動、成長

この3つを継続しないと遊びを仕事にするのは難しいです。

 

ほとんどの人がこの継続することの重要性に気が付かず、やめていってしまいます。

もしかすると成功の1歩手前で辞めてしまっている可能性だってあります。

 

だから継続が苦にならない遊びを仕事にする事が出来ればその分野で成功する事が可能です。

 

遊びながら好きな事で生きていく

仕事は人生の時間の大部分占めるので、何の仕事をするのかが人生においてどのような人生を送るかの重要な選択です。

 

嫌な仕事をするのか、好きな仕事をするのか。

 

この選択はあなたの人生においてかなり重要で、しっかり考える必要があります。

「そんなことは言われなくても分かってる。でも得意なものは何もないし、技術や資格もない。」

このようにやる前からネガティブな人が多く、どれだけ自己啓発本を読んでも、どれだけいい話を聞いても行動する人はほとんどいません。

 

「よっしゃ!やってやろう」

そう思って行動する人も中にはいます。
しかしそれでもちょっと嫌な事があればすぐに諦めたり、辞めて振り出しに戻ります。

結局ほとんどの人は行動できないし、行動しても少し壁が現れるとすぐに諦めてしまいます。

 

「やっぱり趣味は趣味のままが一番」
なんて言いながらやらない事を無理矢理正当化します。

 

どんな分野でも成功できる人はしんどくてもその先の将来を見据えて長期の目標を掲げて頑張って働きます。

 

みんなが彼女とデートしてる間に思いっきり行動して、みんなが寝ている間も頑張る。

それでも上手くいかないと、上手くいく方法を探します。

見つけ方が分からなかったら、見つける方法を探します。

 

そうやって努力する事で好きな事で生きていく事ができます。

少なくても私はみんなが遊んでいる間も記事を書いたり、ビジネスに励んでいます。

 

遊びが仕事になるなんて最高だし、これが一番理想の働き方です。

長い人生でつまらない仕事なんてやるだけ時間がもったいないですもの。

 

 

「大人が本気で遊べば仕事になるって知ってた?」

                   高橋歩

 

 

高橋歩さんこそ遊びを仕事にしてきて、成功を収めている代表です。

若干二十歳で友人とバーを経営したり、数千万の借金を抱えながらも出版社を経営したり。

 

二十代でそんな借金を抱えても自分の夢に向かって進み続けるなんて凄すぎます。

私だったら絶対泣いています。

 

それ以外にも世界中にレストランを経営したり、
世界を旅したり、自由な人生を歩んでいます。

遊びと仕事を混同してはいけないなんて古い考え方で、今は遊びを仕事にする事ができる時代です。

 

遊びを仕事になんて甘いと思う人もいるかもしれません。

でもやりたくもない仕事を一生続ける方が甘いと私は思います。

我慢して今の仕事を続けるのはやりたい事や夢から逃げているだけではないでしょうか。

 

嫌な事を我慢するなんて、やりたい事をやるよりも勇気や忍耐が必要です。

 

趣味を仕事にするって羨ましいけど結構辛い選択なのかもしれません。

 

「仕事があるから無理」

「この仕事は嫌いだけど給料がいいから辞めれない」

このように、自分の夢ややりたい事をやらない理由を正当化します。

本当に成功する人は逆行ですらチャンスに変えてしまいます。

 

 

「夢は逃げない、逃げるのはいつも自分だ」

               高橋歩

 

 

一度きりの人生だからこそ好きな事で生きていきたいですよね。