毎日毎日出勤して安い賃金で血を吐く寸前まで働かされ、私はこう思いました。

「ここまでしないと生活できないのか?」

毎日朝から夜までビッシリ働き、せっかくの休日も仕事を入れられ2ヶ月休みが無いなんてしょっちゅうです。

生活するためだけだったらこんなにも働かなくていいし、これだけ働いも貧乏から抜け出せないのは分かっていました。

 

しかしその会社で働いている以上は会社の指示に従うしかありません。

反抗すれば白い目で見られ、最悪の場合クビになります。

 

一体いつになれば楽になれるのだろうか?

考えているうちに今のままだと一生楽になれないと気が付きました。

 

会社で働く事にメリットなんてない

私はいつも思うのですが、会社で一生懸命働いてもメリットがないのです。

死ぬ気で働いても給料は同じだし、その頑張りが自分にとってプラスにはならないのです。

確かに仕事を覚える事は出来るし、覚えたら出世だってできます。

しかしそれ自体がメリットではないのです。

 

その会社で仕事を覚えても会社を辞めてしまえばい意味がありませんし、出世したところで責任が重くなるだけで自由な生活を送れるわけではありません。

 

「君は部長だから働かなくても毎月給料をあげるよ」
そう言われたら頑張って部長を目指すメリットはあります。

しかしそんな事あるはずもなく出世しても毎日死ぬ気で働かなくてはいけません。

 

所詮あなたがが売っているのは会社の商品であってあなたの商品ではありません。

頑張れば頑張るほど会社には資産ができ、収益が上がりますが社員には全く関係ありません。

 

つまりどれだけ頑張っても会社員には資産が構築される訳ではないと言うことです。

今のままでは毎月生活費に追われながら働く事から一生抜け出せません。

 

生活費の為に働くという考えは捨てるべき

一度自分の理想の将来というのをよく考えてみるべきです。

本当に今の仕事を一生やっていくのか?
他にやりたい事はないのか?
どういうライフスタイルを目指すのか?

 

なんとなく適当に過ごしているだけでは今のままです。

毎月の生活費の為に汗水流して働き、嫌な事も押し殺し我慢して一生過ごす。

会社員として生きるのは辛く、お金の悩みは一生付きまとってきます。

「頑張って働けば技術やスキル、経験が資産になるから頑張れ」そう言う人がたまにいますが、それは勘違いです。

 

それはその人にとって資産になっていません。
実は会社の資産の一部になっているのです。

技術、スキル、経験を得たからといって明日から働かなくても毎月お金が入ってくる訳ではありません。

住む場所、時間、人間関係、お金これらの自由が手に入る事もないです。

 

結局は頑張れば資産になると言われ、
会社の資産になるように言葉巧みにコントロールされて働かされているだけです。

これでは一生自由になる事は不可能で、働いても働いても貧乏から抜け出す事は出来ません。

生活費の為に働くという考えを捨てて、
資産を作るために働くという風にマインドチェンジしなければいけないのです。

 

自分という価値を資産にする

毎日お金や仕事の事で悩まされずに生きていくには何か資産となるものを作る必要があります。

それは人によっては不動産だったり、株だったり、ビジネスだったりするわけです。

しかし普通の人がこれらの資産を持つのは大変で失敗する可能性だってあります。

 

もっともリスクなく持つことが出来るのが自分という資産です。

自分の知っている情報や思想をブログなどで発信してあなたの個性を前面に押し出してブランディングしていきます。

これからの時代はどの商品を買うのかではなく、誰から買うのかが重要になってきます。

同じ商品を売っている人はたくさんいます。

・誰々が売っているから信用できる。
・誰々がオススメしているから欲しい
・誰々が売っているから買いたい

 

同じ商品でも普通のおばさんがオススメしている化粧品よりも美人なモデルがオススメしているほうが信憑性があり欲しくなりませんか?

同じ商品でも売り手が違えば商品の魅力も変わり、「これを使えばあの人みたいに美人になれるかも」と自尊心を揺さぶる事ができるのです。

だから商品よりも誰が売るかというのが重要なのです。

 

あなたがブログなどで自分の知っていることを情報発信していく事で、
資産となり、働かなくてもあなたがオススメしている商品はどんどん売れて収入を自動で得られるようになります。

生活費の為に毎日あくせく働くのではなく、
資産を作ればどんな人生が待っているのかイメージできましたか?

 

なんとなく働いているだけでは一生働きアリのままです。

私たちはそこから抜け出し、自由な人生を送る権利があります。

生活の為ではなく、自分の将来のために働きましょう。