慌ただしく過ごす社会人生活で、
得られる給料はなんとか1ヶ月を過ごせる程度。

 

貯金もままならないような状態で、
キツイ仕事に体力とメンタルを削り取られ、
気がつくと40代、50代になってしまっています。

 

死ぬほど働いたのに貯金はほんの数万円程度。
たまにの贅沢もできず、毎日コーヒーを飲むか飲まないか財布と相談する日々。

なんとか給料を増やせないかと頑張っても1年で1万円上がるかどうかです。

 

そんな給料が上がるかどうかも分からないような仕事を頑張るよりも副業で稼いだ方がお金を増やすには手っ取り早いです。

 

しかし副業といっても1日に使える時間は決まっていて、4時間の人もいれば1時間しかない人もいます。

そんな時に有効なのが外注です。

 

記事の執筆を外注すれば時間がなくてもビジネスを進めて行く事ができます。

 

 

 

外注すれば時間がなくても副業できる

副業をするには作業時間を確保する事が重要です。

時間がないと作業ができないし、稼ぐことが難しいです。

 

副業でアフィリエイトをする場合、日々の激務に疲れて記事を書けない日だってあると思います。

必死に記事を書いていてもウトウトして寝てしまったり、

頭が回らなくていい記事を書けなかったり。

 

疲れている中で頑張ってやっても効率が悪いし、その時に書いた質の低い記事が足を引っ張り
検索順位を下げてしまったりと、はっきり言っていいが全く事ありません。

 

それでも記事を更新したい場合は、クラウドワークスランサーズなどのクラウドソーシングで外注に記事作成を発注するのがおススメです。

 

 

外注に発注さえしてしまえば後は外注から記事が上がって来るのを待つだけです。

来月は仕事が忙しいからブログの更新があまりできないと思えば、外注へ発注すれば問題ありません。

 

記事を書けない時間をお金で買うのです。

費用は1記事大体500円〜1000円程度です。

 

あなたが記事を書く時間がない場合は、外注にお願いし、時間をお金で買うということを覚えると、忙しい時期も更新をする事ができます。

 

外注をうまく使う事がアフィリエイトを副業でやるコツです。

 

 

 

外注の選び方

 

外注方法は簡単で、どのような内容の記事をどの様に書くかを記載して掲載すると応募が集まってきます。

そこから評価を見て外注先を決定します。

 

気を付けないといけないのが、たまに他のサイトをコピペしただけのような記事を提出してくる人がいます。

外注は相手を間違えると質の悪い記事ばかり集まり、ブログの足を引っ張ってしまう可能性があります。

 

 

一番いい外注先の決め方は、実力を確かめる為に簡単でいいので試しに記事を書いて貰うのです。

500時程度の簡単な文書をテストとして書いてもらい、その中から一番実力のある人を決めるのです。

そうすればハズレを引かず、お金の無駄遣いになりません。

 

1記事の単価は安くても、10記事も書くとそれなりの値段になってくるので無駄にならないようにしたいものです。

 

 

 

まとめ

副業でアフィリエイトをやる場合、記事を外注する事で複数のサイトやブログを同時に運営する事ができますし、本業が忙しい場合にも有効です。

外注先の選び方さえ間違えなければ外注は非常に便利で、

外注を組み合わせたビジネス戦略を練る事でスピーディーにビジネスを展開していくことが可能です。

 

全ての記事を外注に任せるということも可能です。

そうなればブログを同時に2、3個運営できるので早く稼げるようになるチャンスが増えるわけです。

 

全て自分で書かないといけない訳ではないので、うまく外注を使うことで副業でも稼ぐことができます。

 

初めは外注に発注するのはハードルが高いかもしれませんが実際にやってみると簡単です。

副業でアフィリエイトをやるなら外注する事も頭に入れておいてくださいね。