ビジネスってなぜ上手くいく人と、上手くいかない人がいるのだろうと考えた事があります。

なぜ同じ物を売っているのに、
儲かっている人もいれば全然儲かっていない人に分かれるのだろうか。

なぜあんなに商品が飛ぶように売れるのか?

なぜ商品が全く売れないのか?

なぜ?という疑問がたくさん浮かび上がってきます。

売れる人と売れない人には商品の売り方に決定的な違いがあるのです。

 

どれだけいい商品でも売り方次第で変わる

高品質、高機能の商品があったとして
「この商品は高品質な素材を使っていて、
こういう機能が付いていてすごくいい商品ですよー」

あなたはこんな心のこもっていないセールスで高額なお金を出して買いますか?

初めから欲しいという気持ちがあれば買うかもしれませんが、私だったら欲しいと思いません。

いくら高品質で高機能な商品でも 魅力に見えません。

それはだだ商品のスペックを説明しているだけで、そんなのはパッケージや説明書などを見れば分かる事なのです。

 

確かに商品のスペックは大事かもしれません。

新しい機能を知ってもらうためには説明しなければいけないのも分かります。

しかしそれだけではお客さんに魅力は伝わりきらないのです。

魅力が伝わっていないから思うように商品が売れないのです。

 

私も以前物販をやり始めた時は商品の説明ばかりしていてなかなか売れなかった時期がありました。

なんとかして稼ぎたいと本を読んだり、教材を買ったり、ネットで調べたりしていると肝心な事に気がつきました。

それは未来を売るという事です。

それから物販でもだんだんと売り上げが伸びていきました。

売り方次第でこんなにも売れ行きが違うのかと驚いたのを今でも覚えています。

 

大事なのは商品を買う事で得られる未来

皆さんは何か買う時、何を思って買い物をしますか?

「こんな商品があったらいいな」
「こんな事が出来たら楽なのにな」
「これがあれば楽しいだろうな」

人が物を買う時の心理にはいつも未来があります。

「コードレスの掃除機があればいちいちコンセント差さなくてもいいし、重たい掃除機を引っ張らなくていい。
コードだって引っかからないし、掃除がすごく楽になる」

「高級車を買えば早いし、乗り心地もいいし、男のステータスにもなる。デートに乗っていくと喜ばれるし、高級車を乗っていればモテる。」

このように何か不便な事を解消したり、商品を買う事によって得られる未来を想像しているのです。

 

この掃除機があれば掃除が楽になる。

この車を買えば、女子にモテるし、カッコいい。

お客さんは商品を持つことにより得られる未来を買っているのです。

 

「コードレスの掃除機ですよ。便利ですよ。」

こんな売り方よりも
「コードがあれば引っかかるし、あとちょっとなのに届かない。
いちいちコンセントを差しかえないといけないし、めんどくさくないですか?

コードレスを使えば机や椅子など障害物があってもコードが引っかかる事なく楽に掃除ができます。いちいちコンセントを差し替える必要もなければ本体を引っ張っる事もありません。

軽くて自由に移動ができて掃除が楽になります。

私はいつも掃除に30分掛かっていたのにこの掃除機ではたったの15分で掃除が終わりました。

この掃除機を使えば楽なだけではなく、時間まで大幅に短縮する事ができます。

いつもの掃除機にうんざりしているならこの機会にコードレス掃除機はいかがでしょうか?」

 

このように商品説明だけでなく得られるメリット、つまり未来を想像させる方が買いたいという気持ちにならないでしょうか?

ただただ商品を売るのではなくて、
未来という商品を売るのです。

 

お客に未来を想像させる

でも未来を想像させるにはどうすればいいのでしょうか?

それは自分も客の立場になり考えることです。

 

一度ぐらいはコード付きの掃除機使った事あると思います。
コードっていちいち引っかかって、邪魔じゃなかったですか?

掃除したいのに届かない。いちいちコンセントを差し替えるのめんどくさくなかったですか?

いかにお客さんの立場で考える事ができるか、これがすごく大事です。

自分が不便だと思ったこと、もっとこうしたい、ああしたい、そんな気持ちがあれば未来を想像させることができるはずです。

 

宝くじなんてまさに夢や未来を売るビジネスです。
当たる確率なんてほとんどないのに、何万という大金を叩いて買う人もいれば、毎日毎日コツコツ買う人だっています。

その人達はくじが欲しくて買っているわけではありません。

当たった時のお金やそのお金を使って手に入れる事ができる夢や未来の可能性を買っているのです。

 

ただだだ商品が欲しいわけではなく、
その商品を持っている自分、得られる経験や価値を欲しいのでどれだけ具体的に未来を想像させる事が稼げる人と稼げない人の違いです。

これは私自身が上手くいかない時に成功者達の本などから学んだ事です。

私は実際にビジネスが好転しましたし、この方法を知る事ができてよかったと思っています。

上手くいかない時にこそチャンスがあるというのはこういう事だったのか。まさにそんな感じでした。

 

商品を売るな!未来を売れ!

これはすべてのビジネスに共通していて、物販、サービス業、広告業、全てにおいて使えるセールス方法です。

 

この方法を覚えておけば確実に売り上げに繋がるはずです。