アクセスを集めるためにはSEOを意識したキーワード選定が超重要になります。

キーワード選定を無視してブログ記事を書いても全くアクセスが増えず、誰にも読まれない記事はゴミ記事となってしまいます。

 

私はアフィリエイトを始めた時SEOとかキーワード選定とか難しいからと完全に無視して、なんでも作ればアクセスぐらいくるだろうと思い記事を書いていました。

しかし150記事を書き、半年年以上経過してもアクセスは全く増えず、1日に20とか30しかアクセスがありませんでした。

 

巷で言われているブログにアクセスが集まるのは100記事を更新してからとか、3カ月や半年経たないとアクセスは増えないと完全に信じ込み、
がむしゃらになって作ったアフィリエイトサイトはアクセスが集まらない完全にゴミサイトとなってしまいました。

 

そこで私は始めてSEO対策やキーワード選定が大事だと気付いたのです。
(もっと早く気づけよって感じですよね、、、)

 

アフィリエイトを舐めてかかっていたら、完全に半年を無駄にしてしまったんです。

もっと早くキーワード選定の大切さに気づいていれば良かったと後悔しています。

 

だから皆さんにには私のようにならないようにしっかりとSEO対策に重要なキーワード選定を学んでいただきたいのです。

アクセスアップにはキーワード選定が重要

皆さんネットで検索する時、調べたい悩みや疑問のキーワードを検索窓に入力していると思います。

そして検索に自分にとって必要な記事があるかどうかをキーワードを変えながら探します。

 

つまりこの検索する時に入力しているキーワードをしっかりとタイトルや記事に盛り込み狙う事で検索からアクセスが増えます。

 

私はこのキーワードを無視していたので誰にも検索されず、全く意味のないサイトになっていたのです。

アフィリエイトで稼ぐにはアクセスを増やすためにSEOを意識したキーワードが重要で絶対に無視してはいけません。
(無視をすると私のようになります。)

 

グーグルやヤフーの検索エンジンはキーワードを入力すれば悩みを解決できることを目的としています。

だからブログやサイトもそれに沿って最適化されたコンテンツを作らなければ上位表示される事はまずありません。

「ニキビ 治し方」と検索しているのにダイエットの記事が出てきたら意味が分からないですよね?

適切なキーワード選定、キーワードにあった記事を書き、ブログコンテンツを最適化するのはSEO対策の基本です。

基本を忠実にコンテンツを作る事で誰かの役に立ち、アクセスがたくさんあるブログを作る事が可能なのです。

 

SEOキーワードを発想する

記事を書くにはどのようなキーワードを選ぶかによって内容が変わってきます。

記事の内容に合わせたキーワードを選ぶというよりはキーワードに合わせた記事を書く方がいいです。

キーワードが何よりも最優先です。

 

ダイエットというキーワードで記事を書きたいとします。

まずは記事を書くターゲットを想像してください。

 

・20代なのにメタボの男性

・昔は細かったのにお腹が出てきた30代の男性

・ダイエットをしても痩せない男性

・夏前でビキニを着るために早く痩せたい女性

・出産後体重が増えて戻らない女性

・下半身が気になる女性

・運動する時間がないけど痩せたい女性

 

このように具体的なターゲットを想像する事でターゲットに合ったキーワード選定ができるようになります。

例えば夏前でビキニを着るために早く痩せたい女性をターゲットにするならこんな感じのキーワードが想像できます。

 

・ダイエット ビキニ

・ダイエット すぐ痩せる

・ダイエット 水着

・ダイエット 夏

・ダイエット 海

これらは思いつきですが、このようにキーワードを複数考えてください。

後で詳しく説明しますがキーワードは重要キーワードのダイエット+〇〇という2語か3語からなる複合キーワードを狙います。

あまり思いつかない方はキーワードサジェストを使うとたくさん出てくるのでそちらを使うのもアリです。

 

おすすめなのはyahoo知恵袋を利用することです。

知恵袋にはリアルな悩みが質問されていてそれに合ったベストアンサーなども見ることができます。

当事者本人にしか分からない悩みも知恵袋でキーワードを入れて検索すれば本当の悩みが分かるので記事作成にすごく役立ちます。

 

ここの作業ではできるだけ多くのキーワードを考えてください。

基本的に1記事に対して狙うキーワードは1つなのでその候補を挙げていきます。

 

次の作業でそれらのキーワード候補を1つに絞り込んでいきます。

とにかくここではseo対策をしたキーワードをたくさん考えてください。

 

キーワードプランナーで検索回数をリサーチ

先程あぶりだしたキーワードがどれだけ検索されているのかを確認していきます。

キーワードが検索されているかどうかを確認しなければせっかく記事を書いたのに検索こらアクセスが無いなんて事になりかねません。

 

SEOを意識したキーワードを狙うにはこの作業はかなり重要なので、流し読みせずにきちんと読んでくださいね。

 

キーワードには大きく分けて2つの種類があります。

ビッグキーワード

ビッグキーワードとは検索エンジンでの検索回数が多いメジャーなキーワードです。

「ダイエット」というキーワードでは月間に100万回検索されています。

ちなみにダイエットと検索すると検索結果に4億記事が表示されました。

 

この記事の中で1位を取るのは至難の技です。
というより不可能と思った方がいいです。

 

ロングテールキーワード

こちらはビッグキーワードとは違い、2語、3語の単語から構れているキーワードで検索数が少なくニッチなキーワードになります。

「ダイエット 運動 有酸素運動」
この3つの単語を合わせたキーワードがロングテールキーワードです。

このキーワードの月間検索数は約100回です。

少ないと思うかもしれませんが、初心者がライバル達に勝つにはこのニッチなキーワードで攻めるしかありません。

ロングテールキーワードの記事はライバルが少ないので上位表示されやすく、記事を沢山つくる事で1記事あたりのアクセス数は少ないですが、全体で見ると沢山のアクセスを獲得できています。

 

↑こちらは先ほどの夏前でビキニを着るために早く痩せたい女性をターゲットにしたキーワード候補です。

 

 

アフィリエイト初心者が狙うキーワードはロングテールキーワードです。

初心者がビッグキーワードを狙ったところで上位表示されることはありません。

だからニッチなキーワードでライバルの少ないブルーオーシャン市場で勝負しないと勝てません。

 

キーワードプランナーというツールを使う事でキーワードがどれだけ検索されているのかを確認できるので、これで月間の検索数を調べていきます。

このように月に何回検索されたから調べる事ができます。

記事を書く目安として狙うのは検索数が100〜1000を狙います。

 

それ以上の1000〜1万となると検索数が多くライバルが非常に多いキーワード市場になってしまうのでアフィリエイト初心者では上位表示が難しいです。

 

逆にそれ以下の10〜100の場合は少ないのですが、こちらもどんどん記事を書いた方が良いです。

ロングテールキーワードで集客をするので狙っているキーワードが多ければ多いほどアクセス数を稼げます。

 

 

実はあのAmazonもこのロングテールを利用しています。

Amazonはネット通販では世界でもトップの売り上げを誇っていますが、たまにしか売れないロングテールのニッチな商品が売り上げの8割を占めているのです。

膨大な数のロングテール商品が巨額の売り上げを安定させているのです。

 

このようにビッグキーワードよりもロングテールキーワードでSEO対策をした方が安定したアクセスを獲得できます。

 

キーワード選定が終わったらライバルをリサーチ

ここでSEOに適したキーワード選定ができれば次はライバル達がどのようなタイトルをつけているのか?

記事はどのような見出しで構成しているのか、どのような内容なのか?

これらをリサーチしてライバル達に勝てるように記事を書いていきます。

 

何もリサーチせずに書いてもライバルには勝てません。

上位表示されているのには必ず理由があります。

 

・狙っているキーワードが明確

・記事の情報量が圧倒的

・タイトルが目を惹く

・見出しが多い

・文字数が多い

・オリジナリティがある

・読みやすい

・内部リンクが貼られている

・情報の専門性

・本文にキーワードが入っている

・関連されたキーワードが本文にたくさん散りばめられている

 

なぜそのサイトが上位表示されているのかを調べて、その要素を記事に取り入れ、さらにオリジナリティを出すことでSEO対策になり、上位表示されやすくなります。

 

キーワードを入れたタイトルの失敗例

アクセスを集めるためにSEO対策のキーワード選定をしてもきちんとキーワードを狙えていない可能性があります。

「ダイエット 有酸素運動」
このキーワードを例にします。

 

「ダイエットで内臓脂肪を燃やすために食事制限と有酸素運動、筋トレをする」

これではキーワードが詰め込まれ過ぎて、
グーグルはどのキーワードを狙っているのか分かりません。

せっかくSEOキーワードを考えたのに他のキーワードでSEO効果が薄れてしまっては意味がありません。

タイトルにはあまりキーワードを詰め込み過ぎず、1記事に対して1キーワードにしましょう。

 

キーワードはタイトルの始めの方に入れた方がSEO効果が高くなります。

後ろに行けば行くほどSEOの力が弱くなるのでできるだけ始めの方にキーワードを入れてください。

 

完全マスター!記事タイトルの付け方を知ればブログが生まれ変わる

こちらでアクセスアップに重要な記事タイトルの付け方が分かります。

見出しと本文にキーワードを入れる

SEO対策としてキーワードを入れるのはタイトルだけではありません。

見出しと本文にもキーワードを入れてください。

 

見出しには<h2> <h3>などのタイトルタグが付いておりそのタグ内にキーワードを入れることでSEO対策になります。

意外にキーワードが見出しに入っていない場合が多いので気を付けたいところです。

狙っているキーワードは必ず見出しに入れて記事を構成していきましょう。

 

他にも関連キーワードを記事の本文に入れることでそのキーワードを拾って検索から来る人もいます。

 

「ダイエット」なら
・痩せたい

・減量

・脂肪を燃やす

・運動

・食事制限
などです。

これらの関連キーワードを本文中に散りばめる事で検索に引っかかるようになるので、不自然にならないよう本文にキーワードをたくさん入れてください。

 

SEO対策はロングテールキーワードが大事

記事を上位表示する為にSEO対策としてキーワード選定は大切だということが分かっていただけたと思います。

特に個人のアフィリエイターやブロガーがアクセスを集めるにはニッチなロングテールキーワードで攻めることが重要です。

検索数が少ないのでライバルが少ない

ビッグキーワードに比べてライバルが少ないのできちんとSEO対策とキーワード選定をして記事を書けばライバルを押しのけて上位表示する事が可能です。

 

ターゲットを絞り込める

ビッグキーワードではターゲットがあまりにも多くて、抽象的な記事しか書けません。

しかしロングテールキーワードならメインキーワードとサブキーワードの組み合わせで、ターゲットをより明確に絞る事で濃いアクセスが集まります。

 

ターゲットを絞る事でより踏み込んだ記事が書けて、悩みを解決できる優良コンテンツになります。

 

アクセスが安定する

ビッグキーワードではライバルが多すぎて仮に1位を獲れたとしてもすぐに順位が下がってしまう可能性があります。

しかしロングテールならライバルが少ないし、記事の数で勝負するので、1記事の順位が落ちても他の記事でカバーできるのでアクセスが安定します。

 

まとめ

SEOではキーワード選定が一番重要です。

キーワード選定を外してしまうと必死に書いた記事が無駄になってしまう可能性があります。

実際に私が経験しているのでその惨めさはよく分かります。

 

頑張って書いた記事がキーワード選定をしっかりしていなかった為にアクセスが集まらず半年を無駄にし、ゴミ記事の山となってしまいました。

 

そんな私のようにならないようキーワードプランナーで検索数を調べて、ライバルサイトをリサーチし、タイトルと本文に適切にキーワードを盛り込んでください。

 

そうすればきっとアクセス数が増え安定した収入アップに繋がります。